ギターの知識50

ギターソロの左手について

ポジションの瞬時の移動は簡単ではありませんが、あまり難しく考える事はありません。

左手のフォームというよりは、もっと原点に戻ってみて下さい。
弦を押さえるときは指を立てて指先で押さえる事がギターの基本です。

指の腹で押さえてしまって、そのままスライドしたとしたら音は途切れてしまうでしょう。

フォーム、すなわち左手の形にこだわるのではなくて、指の先で押さえることを意識していれば、自然と合理的なフォームが身に付くと思います。

スライドをするときも指先で!あとは反復練習あるのみ!

左手の指のミュートも、「この左手の形ならやりやすい」ってことはありません。
もちろんネックを握り込むような押さえ方だと親指もミュートに使えるということはありますが。

自然に身につけるのにおすすめの練習法はやはりスケール練習ですね。
メジャースケールをいろんなポジション、例えばCメジャースケールを指板のあらゆるポジションで練習するだけでも指の動きがだんだんわかってくるはずです。

その練習のときも不要弦のミュートも意識してやっていれば必ず感覚をつかめます。
(生本)