リハーサルスタジオでバンド練習をする時、自分の音がどうも聴こえないとか、ボーカルがハウッてばかりでしょうがない、など誰もが経験したことがあるはずだ。

各パートの音量バランスをとるためのポイントは、アンプものの音量を上げ過ぎない事。
たとえば自分のギターをもっと聴きたいからといってアンプの音量を上げてしまうと、他のメンバーが
「ギターがうるさくて何も聴こえないから、△△の音量を上げよう」、となってしまい、するとまた自分のギターが聴こえ
なくなりまたアンプの音量を上げて、他の人もまた上げて・・・という負の循環に陥ってしまう。

バランスをとるときは「○○の音が聴きたいからそのパートの音量を上げる」と言うだけじゃなくて、「△△がう
るさくて○○が聴こえないから△△の音量を下げよう。」「○○のアンプの位置や角度を変えてみよう」など音
量を上げなくても 済むことはそうやって解決しよう。

楽器陣のボリュームを上げすぎるとボーカルも聴こえなくなってしまうので要注意!(生本)

 

ギターの知識50 トップへ>>
音塾/無料ギターレッスン>>
3段階で上達!【ギターレッスン】>>