基礎練習とはギターを弾くために必要な力をつけるための練習だと思ってもらいたい。
ギターを弾くという事をシンプルに考えると、リズムに合わせて、左手で弦を押さえて右手で弦を弾く。
この、リズム感、左手の運指、右手のピッキングの3つの精度を高める事こそが基礎練習である。
よくある、スケール練習もただやるだけでなく、「リズムは正確か?」とか「左手はしっかり押さえられている
か?」、「ピッキングにはバラツキはないか?」などを注意しながらやろう。
テンポも、確実にできるテンポで正確に何度も反復させることが大事だ。

自分の基礎力を測るには、シンプルな事を弾いた時にちゃんと出来ているかどうかだ。
例えば速いフレーズは出来るけど、ゆっくりなフレーズはなんかぎこちない、なんて事はないだろうか?
ゆっくり正確に弾くことが出来ないと、速いフレーズも弾けることはない!速くてごまかされているだけだ!
自分が本当に上達したければ、ゆっくり正確に弾ける事から始めよう!(生本)