弾いててピックが回ってしまう場合はピックの持ち方というより、ピッキングのしかたに問題があるかもしれません。

ピッキングするとき、指でこねくるようにしたりしていませんか?
ピッキングの基本は指は動かさずに手首の力を抜いて、手首を振る動きで弦をはじきます。
ピックと弦の角度も垂直でなければならないと決め込みすぎずに、だいたいくらいから始めましょう。

これの解消に役立つのもやはりスケール練習でしょう。
スケール練習しながら、ピッキングも意識して練習。
やはりギターを弾くための基本動作の練習にはスケール練習がおすすめです。
これはスケールの勉強ではなく、ギターを弾く動作の基本練習をスケールを使ってやっているだけと思いま
しょう。

ついついスケール練習って難しそうで敬遠しがちですが、極端に言えばCメジャースケールの練習だけでも
いいから、右手と左手の動きに注意しながら毎日コツコツやるのが一番上達できます。
左手の指をしっかり立てるとかも意識しながら!
あとは、ピックが極端に厚くて固いという事はありませんか?
自分にあったピックを探すのも大事ですよ。
次第にベストな力加減や自分にあったピックの形、厚さなどもわかってくるでしょう。(生本)