◆#003 スケール練習

さて、しっかりパワーコードの復習ができていれば、ルートネームはばっちりですよね?

さて、今回はまずパワーコードから派生した「オンコード」の押さえ方。
日本語で言う所の、「分数コード」と言われる物です。

表記は
D/F#とか、G/Bとか表記されるコードです。

通常、ギターで分数コードは奇麗に響かないので、
ベースやキーボードにまかせてしまう場合がほとんどです。
ただし、D/F#等人差し指をパワーコードから一つずらし場合は、
簡単に押さえるので鳴らす場合が多いです。
通常のパワーコードと合わせて覚えておきましょう。

そして、次に単音弾き。
今迄はパワーコードで「ジャーン」みたいな感じだったのですが、
やっぱりソロと言われるものも弾いてみたい
まずは、メロディーを弾くために単音に慣れないといけないので、
単音弾きの練習をしてみましょう。

コード弾きとは若干異なった動きをするので注意が必要です。
ギターは基本的に、弾き終わった後の指は浮かさない。
あくまで「基本的に」なので、全ての状況でいえることではありませんが、
ノイズを出さない為のミュートや、指運びの上で、弾き終わった指も極力離さないようにします。
但し、ずっと押さえっぱなしだと音が重なって和音になってしまいます。

大事なポイントはここ!

「同一弦上の弾き終わった指は浮かさない、弦が変わったら離す」

単音を奇麗に弾く為には、まずこの指の運び方を覚えましょう。
そして、このポイントをしっかり意識して、世の中で一番有名な音階をゆっくりやってみましょう

140119153940thsk

Cメジャースケール
(ドレミファソラシド)

Cメジャースケールに慣れたら、次はペンタトニックスケールと言うスケールを弾いてみましょう。

このペンタトニックスケールと言うのは、ロックギターで非常によく使われるスケールなので、
今のウチにポジションをしっかり覚えておきましょう。

1401191540384nt2_l

Aマイナーペンタトニックスケール
※ペンタトニックは5音で構成されたスケールです。

5音は、メジャー/マイナースケールから2音取った音階です。
音には、基本的にメジャー=明るい響き、マイナー=暗い響きの2種類があります。

ここで、ちょっとした脳トレ。

まず、6弦だけで1オクターブ分のルートネームを覚えましょう。

140119154113k6vm_l
パワーコードの要領で、ペンタトニックの一番最初の音がキーになるので、
例えば6弦5フレットからはじまるペンタトニックはAのペンタトニックとなります。
そして、この6弦ルートから始まる図2の形は、「マイナーペンタトニック」になります。
とすると、6弦フレットからはじまるペンタトニックは「Aマイナーペンタトニック」と言います。

無理矢理日本語で直訳すると、

高さが「ラ」から始まる暗い響きの5音で構成された音列。
マイナーペンタトニックがあるなら、メジャーペンタトニックもある。

といわけで、Aメジャーペンタトニックは、Aマイナーペンタトニックの開始音の6弦5フレットを1として、
そこから4つ下がった6弦2フレット。
ルートネームに置き換えると。
この位置からペンタトニックを弾くと、Aメジャーペンタトニックになります。

1401191541449wh6_l

ピンクがマイナー、緑がメジャー
勘の良い方なら、お気づきかと思いますが、

マイナーペンタトニック

イコール。

マイナーペンタトニックになります。

まとめると。
マイナーペンタトニックの位置から4つさがった場所がメジャーペンタトニックとなります。

曲には、メジャーとマイナーがあり、その響きに合わせたスケールを使う事で、違和感無く弾く事ができるので、
ヘビーローテーションのキーはEメジャー。
まず、6弦のルートネームを探すと、12フレットが。
Eからペンタトニックをはじめると、Eマイナーペンタとニックなので、フレットを1として、
そこから4つ下がった6弦9フレットでペンタトニックを弾くと、そこがEメジャーとなります。
この場所のペンタトニックをヘビーローテーションのPVと一緒に合わせて弾くと、セッションしている気分になります。

今回は少々ややこしい話で、一度だけでは中々理解しにくいと思うので、何度も繰り返し見て覚えてください。
ある程度理解できれば、J-Total Music等でお気に入りの曲を検索してキーを調べる。

例えばその曲のキーがBで、暗い雰囲気の曲ならキーはBマイナーなので、
6弦7フレットからペンタトニックをはじめるとマイナーペンタトニックとなり、ばっちり合わせて練習できるわけです。

次回更新まで時間があるのでじっくり取り組んでみてください。

 

監修
Kamoneginji Studios [ぎんじねこ -ginjineko- Official]
http://www.kamoneginji.com/studio/