決まりきったいつもと同じギターソロを弾くのもいいが、それだけだと、その曲を知っているバンドメンバーとだけしか演奏出来ない。
アドリブが出来なかったら、いつもと違う人とジャムセッションをした時に何を弾いたらいいかわからないなんて事になってしまうし、いつも演奏している曲でもアドリブが出来ると毎回違う演奏になって、その都度楽しむことができるのだ。

 

アドリブってコードやスケールに詳しくなくちゃ出来ないだろうと思っている人がいたらそれは間違いだ。
簡単なスケールからでもアドリブは出来るし、難しい事は後回しにしてとりあえずやってみよう。
アドリブだからこその、スリルと高揚感をぜひ楽しんでもらいたい。

 

まず覚えたいのはペンタトニックスケール。
ギターのいい所はキーが変わっても同じ形を違うポジションで弾くだけでいいので、ひとまずこのスケールの形を覚えよう。
覚えたら、ワンコードでもいいのでスケール内の音を組み合わせてアドリブソロを弾いてみよう。(生本)

 

ギターの知識50 トップへ>>
音塾/無料ギターレッスン>>
3段階で上達!【ギターレッスン】>>