プロミュージシャンによるギター、ベース、ドラムレッスン

初めてのギター選び

time 2016/11/11

エレキギターの種類やメーカーは国内外問わず沢山あります。
いざ、ギターをはじめるとなると一番最初に戸惑うのが

「どんなギターを買えばいいの?」

ではないでしょうか。

ギターの形やメーカーが違えば、音も違うし弾き心地も変わります。
最初のギター選びで一番大切なのは「見た目」。
長くギターを続けていき、色々な事が出来る様になり、耳が鍛えられて知識も沢山入った後は、音の違いや弾き心地の違いがわかる様になるので、全てが見た目、とは言いませんが、初めて買うギターは見た目を重視しましょう。
なぜなら、ギターは1日や2日、半年や1年では到底思う様に弾ける楽器ではありません。
数年単位で長くつきあい、じっくりと上達していく楽器です。
なので、いざ弾き始めるギターの形や色が気に入らなければ、毎日練習しようと思う気持ちが続かなく、いつのまにか部屋の片隅に誇りがかぶったインテリアとして放置されてしまいがちです。

ギターには大きく分けて2種類の代表的な形があります。
ひとつは「レスポールタイプ」
そして、「ストラトタイプ」
現在、世界中で生産されているギターの大半はこの2種類のギターの形を基本に作られています。

140105111944eaqx_m

140105112120wcje_m

レスポールタイプはまるっこいシルエットが印象的で、持った感じもどっしりとしています。
アニメ「けいおん!」で主人公の唯ちゃんが使っているギターがこのレスポールタイプになります。
一見すると男性っぽいイメージですが、角ばった所が少ないく、女性から見るとかわいく見えるのも特徴です。

ストラトタイプは反対にシャープなシルエットが印象的なギターです。
ボディーの幅もレスポールと比べると薄く作られているので、ギターを持った時に体にすっとフィットするのが特徴です。
また、レスポールと違い「アーム」と言われる装置が付いており、これによってアームを使った独特の弾き方ができるのも大きな特徴の一つです。
レスポールと比較すると少し軽めなのもポイントの一つです。

14010511251559we_m

その他にもこの二つを元にした形のギターや、もっと違った形のギターがあるので、楽器屋さんで実際に持ってみて体に馴染むかどうか、重さは合ってるか等をしっかり確かめて、自分の体にあった1本を選びましょう。

そして、「色」

ギターの色には「サンバースト」や「マットフィニッシュ」等独自の色の名称がありますが、自分が好きな色や「奇麗」と感じた所にこだわりを持って選びましょう。

一般的には、木目が奇麗に浮き上がった波の様な模様が人気がありますが、木目があるギターは無いギターと比べて少し値段もあがるので、財布と相談しながら選びましょう。

「色」と「形」が決まったら、次は予算です。

初心者が最初に思うのが、
「とりあえず初めてみるだけだから、最初は安いものでいいか。」
という事。

確かに、この先何年も続けるかわからないし、趣味に何万、何十万も掛けられない事もよくわかります。
しかし、安いものを買ってしまうと、色々な所の作りが悪く、弾きづらいギターが多いので、初心者でよくわからないうちからそういうギターを弾いてしまうと、
「ギター=弾きにくい」
となり、無意識のウチにギターを遠ざけてしまいます。
なので、せっかく一大決心をしてはじめるギターなので、「最初からやめるかもしれない」というあきらめの気持ちではなく、もっと前向きに「時間がかかってもいいからがんばって続ける」と言う気持ちを持って、ギターを買う気持ちを高めましょう

予算はひとそれぞれなので、一概には言えませんが、自分が出せる金額で一番よいものを買いましょう。
5万円を出せるなら5万ギリギリのギターを。
10万まで出せるなら10万円のギターを。
もしも、1万円しか出せないなら、初心者セットはやめて1万円のギターを。

ギターには本体の他に沢山の周辺機材が必要になります。
ざっと挙げると

・ピック

・弦

・チューナー

・シールド

・アンプ

140105112838s9sq_m

よーいドン、でギターをはじめる場合、ギターとは別でこういった機材をそろえるのに凡そ1万円程必要になります。
なので、最初の予算としては、ギター本体+1万円を目安にしましょう。

世の中には、これらがセットになった「初心者セット」というギターがあります。
ギター本体と上記に挙げた機材が全てセットになって、凡そ1万~2万程度で全て揃う様になっています。
これではダメとはいいませんし、実は私も最初はこの初心者セットを購入して練習していたクチです。
どうしても予算が5万も10万も出せない場合は、この初心者セットでも問題ありません。
但し、練習を続けていき1年、2年を目処にギターだけはもう少しいいものに買い替えるつもりで購入しましょう。

お気に入りの1本が見つかって、GETできたらこれから一緒に楽しいギターライフを満喫していきましょう!

 

sponsored link

DVD

ギターソロ動画

ベースフレーズ塾-初級



sponsored link