プロミュージシャンによるギター、ベース、ドラムレッスン

コードチェンジをスムーズにする練習

time 2016/11/27

いつもご覧頂きありがとうございます!

今回は、音塾のホームページの方にご質問を頂きました。
ありがとうございます!
内容は以下になります。


コードチェンジの際に、次のコードに指が追いつかないので、練習方法やコツを教えてください


 

ひとつひとつのコードを押さえられるようになると、必ず突き当たる次の段階の壁ですね。

コードチェンのコツは2つです。

1、指を弦から離さない
2、コードは一気に押さえる。

1については、時と場合によるので、必ずしも全てに於いて指を離さないわけではありませんが、弦から指が大きく離れてしまうことで、次のコードを押さえる際に距離が生まれてしまい、狙いがずれやすくなります。

練習方法は、コードを押さえた状態で指先の力だけを抜いて弦をフレットから浮かせる。
この際に、指は弦にふれたままでF等のフルコードであれば、ブラッシングする状態です。
勢い余って指を離してしまわない様に、繊細な指先のコントロールを身につけましょう。

2ですが、最初のウチはどうしてもコードを1本ずつ押さえてしまいます。
これは、コードダイアグラム等を見て、人差し指から順番に確認しながら押さえる練習をしていた際の癖です。

最初のウチはこの方法でコード練習をしていても問題ないのですが、先々問題が出てくる悪い癖なので今のうちに修正してしまいましょう。
修正方法は至って簡単で、F等のフルコードを押さえて鳴るのを確認してから、全部の指を1cmだけ浮かせる。
そして、そのまま全部の指を一気に着地。

注意点は、指をバラバラに動かさない。
バラバラに動かすと練習の意味はないので、一気に離して一気に押さえる事を練習の核としてください。

 

監修・演奏
Kamoneginji Studios [ぎんじねこ -ginjineko- Official]
http://www.kamoneginji.com/studio/

DVD

ギターソロ動画

ベースフレーズ塾-初級