今回は、チョーキングとビブラートの基本です。

ギターの中級、上級テクニックと言われると、スウィープやタッピング等の所謂「速弾き」が連想されます。
間違いではないのですが、物理的な「速さ」は「上手さ」に直結するものではなく、
ギターと言う楽器に対してどれだけ時間を掛けて弾き込んだかの「差」であって、
決して「速いから上手い」というわけではなく、
「長く続けた/いっぱい練習したからから速く弾ける様になった」だけの事です。

それでは、本当の意味での中級/上級とはどういったものでしょうか。

それは、基本技術の正確さと応用性の高さです。
動画内でも説明していますが、チョーキングと言う技術はギターを弾く上で必ず出てくるテクニックで、
フレーズを生かすも殺すもチョーキング次第と言われる程大切な技術です。

そして、チョーキングと言う技術は伝統工芸の職人と同じく、長い時間をかけて技術を熟成させることで、磨きがかけられ、その人だけのトーンを得る、とてもとても深いテクニックです。

詳しいポイントは動画で説明しているので、ここではポイントを書いておきます。

・何よりも音程をしっかりと!

・指1本ではなく、全部の指を添えて肘から先を使う

・余計な音は鳴らさない。

単純な事ですが、これが出来ない中級者、上級者も多いです。
初心者の頃から、あいまいなチョーキングをやってきたせいで、
その精度が低く残念な響きになってしまっているのです。

初心者ならば今の内から、そして中、上級者は今一度じっくりと自分のチョーキングを見直してみてください。

そして。

このチョーキングの延長線上に「ビブラート」があります。

ビブラートは「単に弦を揺らす」のではなく、細かな正確なチョーキングの繰り返しであって、
決して勢いで指を痙攣させるようにするものではありません。

音程をしっかり守り、奇麗に揺らす。

チョーキングとビブラートはひとつの連動したテクニックだと思ってください。

また、この二つは速く弾く事よりも習得が難しく、最もギタリストとしての資質を問われるテクニックです。
基礎を軽んじると、足下を救われるので、この機会にしっかりと練習してみてください。