今回は、YouTubeのコメントで質問をいただいたアンサー動画になります。

【質問】

先生!めっちゃわかりやすくて実践的でいつも勉強になっております。
チョーキングとビブラートもすごくためになったのですが、人差し指でのビブラートがどうもうまくいきません。
どのように練習をしたらよいでしょうか~

という質問でした。

詳しい解説は動画をみていただくとして、こちらでは要約したポイントを紹介いたします。

質問では「人差し指でのビブラートがうまくいかない」と言う事ですが、ビブラート自体はチョーキングの延長線上のテクニックです。
その上で、ビブラートのポイントは以下になります。

1、揺らす速度は一定
2、揺らす幅は一定
3、指1本ではなく全部の指を使う

もちろん、上記はあくまで基本的なポイントなので、曲調やフレーズにあわせる場合は、揺らす速度と幅は「大きくゆっくり〜速く小さく」弾く場合もありますし、その逆も然りです。
しかし、そんな事を言っていると基本てなんやねん?となるので、安定してビブラートを行う上で身につけておきたい基本的な技術となります。
上記3点が意識してコントロールできるようになることで、様々なニュアンスをビブラートに付加させることができます。

ビブラートが安定しない要因は、大きく二つ。

1、なんとなく揺らしている
2、指の力が弱い

1については基本3ポイントをしっかり意識してコントロールできるようになれば解決するので、「揺れ・速度・音程」を常に意識して練習しましょう。

2の指の力が弱い、についてですが、弦は非常に細い物体ですが素材は鉄です。
正確には鉄ではありませんが鉄系素材です。
人が鉄に生身で勝てるか、と言われるとものすごい格闘技の達人で日頃から死ぬほど鍛えていても、まず勝てません。

ギターの弦も細いとはいえ、6弦を引きちぎれるかと言われると、軍手をつけて思いっきりひっぱって漸く切れるか切れないかだと思います。

それぐらい、弦というのは硬い物質です。

ですので、指1本で押さえてさらに引っ張ってその上コントロールするのは至難の技なのです。
1本の矢より3本の矢、という諺をご存知かと思いますが、鉄に大して指1本ではなんともならないなら、3本使って助け合う事で、1本の時では不安定だった動きが安定するようになります。

この指を添えるフォームは非常に大切で、力まずリラックスしてギターを弾くという最も基本的かつ永遠のテーマの基礎フォームにもなります。

この助け合いフォームをしっかり習得することができれば、あらゆるチョーキングとビブラートを安定してコントロールできるようになるので、この機会にぜひともマスターしてみてください。

音塾/無料ギターレッスン TOPページ

 

監修・演奏
Kamoneginji Studios [ぎんじねこ -ginjineko- Official]
http://www.kamoneginji.com/studio/