多弦ベース

4本より多い弦を持つベースを『多弦ベース』と呼ぶ。
実際には弦の本数に合わせて、
5本弦ならば『5弦ベース』、
6本弦ならば『6弦ベース』といったように呼ばていれる。

一般的には、
5弦ベースは4弦ベースを基本に、低い音程の出る弦(B弦)が追加される。
まれに高い音程の出る弦(C弦)が追加されているモノもある。
プレイヤーのプレイスタイル次第でどちらかを選択できるのがメリット。

6弦ベースの場合は4弦ベースを基本に、
B弦とC弦がどちらも追加される。

多弦ベースはアクティブであることが多い。
パッシブの多弦ベースもあるが、極めて少ない。

140503002337muvd_m

ジャズベース仕様であることが多く、
プレシジョンベース仕様のものも比較的 少ない。

 

著者
遠藤光与志
Twitter