スタジオで練習する時に、ギターやベースの人は自分の楽器がつながっているアンプを背にやってる人も多
いと思います。
そういう人は、ドラムの人などはどうしようもありませんが一度自分のアンプに向かう立ち居地で練習してみ
てください。
当然自分の音が良く聞こえますから、ボリュームを抑えることが出来るので全体的に聞きやすい環境で練習ができます。
他の楽器の音がちゃんと聞こえる状態で練習した方が効果ありますし、練習の時ボーカルが小さくてよく聞こえないなんてバンドのひとは試してみるといいと思いますよ。(竹本)

 

ギターの知識50 トップへ>>
音塾/無料ギターレッスン>>
3段階で上達!【ギターレッスン】>>